中高年の婚活にはトラブルが多い!?主なトラブルとは?

中高年、特に男性に多いのは、年下の女性を求めてしまうために起こることが多いのです。
老後の面倒を見て欲しい等という理由で若い女性を希望してしまうと、マッチングする確率が非常に低いです。

 

利用料金の返還

マッチングをしたとしても、実際に結婚に至るケースは非常に稀です。そのため、結婚相談所に対して‘登録料の返還’を求めるトラブルが多くなります。

 

男性の場合、子供が欲しいという理由で20代や30代の女性を希望する人も多いです。しかし、女性は中高年ではなく同年代の男性を求めるため、成立しません。
また、年齢の差から性格や価値観も合わなくなります。年下の異性を求めるのであれば、すべてをカバーで切るほどの財力が必要でしょう。

 

親の介護要員

また、親の介護要員として婚活をしている方も多いのです。男女問わず、看護師や介護士の資格を有する相手を希望している場合、注意が必要です。
介護要員を探すために婚活をしている場合、退会処分となります。交際前に、家族構成や結婚後の生活などを話し合うようにしておきましょう。

 

性の価値観

中高年の婚活でトラブルとなるのは、性に対する価値観です。交際発展後に体の関係を結んだ相手に、別れを切りだしたところ‘婚約破棄’として訴えられるトラブルも。決して体目当てでは無くても、価値観の違いからトラブルになるケースも多いのです。

 

経済力のある男性が、交際した女性の娘を愛人にしようとするというケースもありました。
娘は母親である女性に、男性との別れを懇願したものの母親は「経済力があるから」と言って応じず、親子の縁を切る自体に。
その後、男性とは別れ話になり大問題に発展したというケースです。

 

中高年はトラブルを起こさない婚活を意識

結婚相談所や婚活の場において、経済力のある男性は非常に人気となります。
中高年となると、年齢的にも焦りがあり‘このチャンスを逃したくない’と執着してしまいがちになります。

 

また、男性も経済力がある場合は自分が女性を選べる立場であることを自覚しています。
この両者が交際に発展すると、トラブルとなるのかも知れません。

 

合わせて読まれてます♪

 

アラフォーおすすめ結婚相談所